本物の音響に包まれる、極上のひと時を。サウンドライフハーモニーは、音響にとことんこだわった音楽カフェです。 最高の音響環境でクラシックやジャズを聴きながら、喫茶店の自慢のコーヒーをぜひお楽しみください。

営業時間:15:00~20:00までに入館ください。 定休日は毎週月曜日

●所在地 〒405-0076 山梨県笛吹市一宮町竹原田1823 googleMAPを見る  Tel : 080-6733-5134

 中央道一宮御坂インターを甲府方面へ約300m 白バイ訓練所前 交差点を左折し居酒屋だるまの目の前



音響にこだわった店内

◎真空管と4チャンネルオールホーンシステム

サウンドライフ・ハーモニーのオーディオシステムは、ゴトウユニットのスピーカーをメインとした、4ウェイオールホーンスピーカー群を、真空管による4チャンネルアンプ群で駆動しています。

ホーンスピーカーの繊細でスピード感あふれる、また、真空管による柔らかく透きとおった音色は、きっと お客さまに満足していただけることでしょう。 また、音楽にかかせないのがコーヒーです。ハーモニーでは、日本創芸学園でのコーヒーコーディネーター の資格を取得し、特にトレサビリティーを重視したスペシャルティーコーヒーを、堀口コーヒー狛江店より 直接仕入れております。 そのコーヒーが持つ、本来の香りと味を余すところなく引き出した一杯は、心和むものがあります。 名曲を聴きながら、また、オーディオ論議にと、満ち足りた時間をお過ごしください。


音響とオーディオ機器へのこだわり

クラシックやジャズを最高の音響でお楽しみください。

より繊細な音楽を奏でるため、スピーカー群はいかに高能率なユニットであるべきか。また、アンプ群はいかに ノイズを抑えるかが、まず第一の課題であると考えます。 スピーカーに至っては、振動系を極力軽くする事と磁気回路を強力にする事で、如何なる情報にも遅延する事なく追従しなければなりません。また、増幅系に至っては余計な残留ノイズやジョンソンノイズ等の電気信号を付加する事なく、演奏者が奏でる音楽そしてホールの響き、即ち、レコードやCDに刻まれた情報だけを忠実に再生しなければなりません。この2つは非常に難しい問題ですが、必要不可欠な条件であり、音楽を聴く側の最低限のマナーであると考えるからです。ゴトウユニットのホーンスピーカー群の能率は110dBを超える超高能率であり、音楽に欠かせない繊細さ・スピード 感、空気感を余すところなく表現してくれます。

また、このスピーカー群を駆動するアンプは当店オリジナルで、極めて残留ノイズの少ない高忠実度・ワイドレンジの真空管アンプ群です。
特にパワーアンプは直熱三極管をAクラスで稼働させ、回路構成・配線の引き回し等試行錯誤を繰り返した結果、NFBなしにもかかわらず周波数特性は優に100kHzを超えるワイドレンジを達成すると共に、直熱管特有の残留ノイズはホーン内部においても皆無の状態であり、正に増幅系を感じさせない静かなアンプ群です。音楽を邪魔しません。

ゴトウユニットのホーンスピーカー群との共演により、消え入るようなピアニッシモからホールを揺さぶるフォルテまで、驚くべきダイナミックレンジの広さと音楽に欠かせないディテールを忠実に再生してくれます。

◎オーディオ機器紹介

メインシステム

・スピーカー群 ゴトウユニット 
・中低音 SG-505TT + S150アサガオストレートホーン、
・中高音 SG-370 + S800ストレートホーン、
・高音  SG-16TT  
・低音  アルテック  515E*2 当店オリジナル 50Hz 2/3λ エクスポネンシャルホーン
・アンプ群

・6922SRPPイコライザー搭載ゼロゲインプリアンプVRは12接点ラダー式アッテネーター/ー6dBパッシブ式4チャンネルフィルター
・低音 デュアルカップリングMos FET A級17W×2/残留ノイズ0.06mV/16Ω抵抗負荷時
・中低音‐中音‐高音 セトロン300B シングルA級7.3W×2/残留ノイズ0.32mV/16Ω抵抗負荷時

・プレーヤー ・プラッター部7.8kgインナーグリップ式/オリエンタルモーター製ACサーボモーター/糸ドライブブレーヤー
・トーンアーム SME3012+デンオンDL‐103


サブシステム

・スピーカー ダイヤトーン    P-610A  フルレンジ
・プリアンプ 6DJ8 EQ内蔵プリアンプ  出力3系列
・メインアンプ 6A3 または 300B A級シングルアンプ
・レコードプレーヤー及びCDプレーヤー
    

コーヒーへのこだわり

おいしいコーヒーとは、香り・味 ともにコーヒーの種類でそれがしっかり表現できるものと考えます。 現在のコーヒー市場は、コーヒー豆の流通経路が曖昧なものが多く、輸出の過程で混ぜこぜになってしまうケースが 多分にあると判断します。 また、コーヒーの挽き方・立て方もその豆に適した方法が必要です。当店では特にコーヒー豆の流通経路(トレサビリティー)に 着目して ・どこの農園の豆・ までをしっかりと把握し、品質の安定したコーヒー豆を使用しています。 まずは飲んでみてください。暖かいとき・すこし冷めた時・もう少し冷めた時、一杯のコーヒーでも味・香りがこれほど に違うのかをきっと気づいていただけるでしょう。また、コーヒー豆によってこれほどまでにと思われるほどの違いがわか っていただけるで事しょう。

HORIGUCHI COFFEE

○飲み物紹介

・コーヒー  タンザニア・コロンビア・ブラジル他  450円 二杯目250円
・その他 ・コーラ
 ジンジャーエル他  300円
・コーヒー豆  200g/1050円
・保存用ビン150円

手作りの真空管アンプ、レコードプレーヤーなど、オーディオ機器の製造・販売・修理もいたします。

手作りの真空管やアンプも取り扱っております

当店では、自作派の方々によるアンプ群の視聴(切り替えボックスにより当店6A3あるいは300Bとの聴き比べ)も行って います。腕に自慢のアンプを是非持ち込んでいただき、オーディオ論議に花を咲かせませんか? (試聴用切り替え対応スピーカーは ダイヤトーンP-610A)  また、自作を希望するお客さまへのシャーシ等の販売や製作にわたってのアドバイス(日曜日毎に当店内にて製作も可能)も いたします。これから自分の手で世界に一台しかない貴重なアンプを作ってみたいとご希望の方は大歓迎いたします。 一緒にシビれてみませんか。なお、完成品をご希望のお客さまには、ご好評を頂いている事から、受注により真空管アンプあるいはFETアンプを製作致します。使用目的や将来へのグレードアップを含め、ご相談ください。

いづれもノイズの非常に少ない高忠実・ナチュラルアンプです。 その他、スピーカーボックスの製作や設計、スピーカーエッジの修理等も行います。

UXー45 A級シングル  ステレオパワーアンプ。出力1.7W×2  残留ノイズ0.28mV(16Ω抵抗負荷)
 UXー45 A級シングル ステレオパワーアンプ
 出力1.7W×2 残留ノイズ0.28mV(16Ω抵抗負荷)

SRPPイコライザー式ゼロゲインプリアンプおよびFETヘッドアンプ
 SRPPイコライザー式ゼロゲインプリアンプおよび
 FETヘッドアンプ

デュアルカップリング式Mos FETパワーアンプ
 デュアルカップリング式Mos FETパワーアンプ

◎オリジナルアンプの製作費概算

a.プリアンプ(約10.5万円)

EQ部は、時定数3.25ms/0.325ms/0.072msと極めて標準値に近いカーブのEQを前後2段のSRPPにより強力に増幅し、140倍(ストレートゲイン1400)の利得を得ています。また、バッファ部は6922のゼロゲインとし、EQ段と合わせ5本の真空管を厚さ3mmのガラスエポキシ基板に乗せ、独自の銅単線打込み端子により上下二面構成に仕上げます。これは不要な配線引き回しによる特性劣化、アルミやスズ端子を使わないため音のカスレを避けるためです。この様にしてf特性は350kHz(バッファ部)と驚異のワイドレンジを達成すると共に、残留ノイズも0.06mVとアンプを感じさせない静かなアンプに仕上げています。


b.A級シングルパワーアンプ

UX45・VT52等中型管クラス 13.5万円程度。300B等大型管クラス 15万円程度。 いずれも真空管は含まず。


☆納期は2週間程度となります。尚、ノイズは真空管にも左右されますが、おおむねラインアンプは0.05mV程度、パワーアンプは0.4mV以下のアンプです。また、マルチシステムの低域用にFETアンプ(残留ノイズ005mV程度)も作製致します。

c.MCカートリッジ用ヘッドアンプ
FETを使用した倍率0~25倍の可変形ヘッドアンプ(VR付き)により、昇圧トランスでは表現出来なかったスピード感、中低域の透明感を表現出来ます。
残留ノイズは2μV程度と非常に少なく、音楽を邪魔しません。
また、セレクターによる切り替え時、一般的にレコードよりCD等の方がレベルが高い状況にありますが、ヘッドアンプ本体のボリュームを調整することにより、CD等と同レベルに調整が可能です。
製作費用は2,3万円程度です。


☆アンプの作製にあたっては、スピーカーの能率、聞かれる音量等、お客さま一人一人環境が異なります。この為一般的なアンプは、低い能率のスピーカーに合わせた設計を行う事が多く、能率の良いスピーカーを使う場合はプリアンプ、パワーアンプ共にボリュームを下げるだけ下げた状態となり、澄みきった延びのある音楽を楽しむことが難しいのが現状です。原因は過剰な増幅による、残留ノイズやジョンソンノイズの付加、そしてボリューム絞りによる音質劣化に他ありません。
当店では、このような状況を回避するため、お客さまの状況を十分お聞きし、無理のない設計により作製をさせていただく事としております。そのため、幾度となく確認を取らせていただくこともありますが、ご理解くださるようお願いいたします。

トップへ